「トレンド系」と「オシレーター系」

チャートを大きく分類すると「トレンド系」と「オシレーター系」の2つになることはご存じでしょうか。

トレンド系は、相場がどちらの方向に向いているのか、時間の経過と合わせた動きを表します。これからお話するボリンジャーバンドや、ローソク足や移動平均線がその代表です。

相場がこれからどちらに向くのか。陽線と陰線の割合をチェックのはもちろんの事、並んだローソク足がチャートの上の方向(高値方向)にあるか、下の方向(安値方向)にあるかを知っておくことも大変重要です。

sfdoi一方のオシレーター系は指数とも呼ばれています。現在「買われすぎ」なのか、「売られすぎ」なのか状況を確認したり、相場の勢いを見るためのチャートです。

オシレーター系にはRSIやMACD、ストキャスティクスなどがあります。オシレーター(Oscillator)という言葉は、「振動させるもの」という意味を持ちます。まさにオシレーター系は、「0~100」や「+1~−1」など、ある一定範囲内を折れ線が上下するのが、一般的な仕組みとなっています。

参照: 「ハイローオプション.com」

まるで振り子のように上や下へ折れ線が移動し、線が高い所にあれば「買われすぎ」を、逆に低い位置を示していると「売られすぎ」を表します。

このオシレーター系を参考にして、前者であれば価格は今後「下がる」と予想する。また後者であれば価格は「上がる」と予想するのも、一つの手と言えるでしょう。

バイナリーオプションを始めたばかりの初心者がテクニカル分析を行う場合、ひとまず、ローソク足と移動平均線を見て判断するだけでも十分です。しかし、今後の事を考えると、予想の精度を上げた上で勝率もアップさせるには、RSIやMACD、そしてローソク足やトレンドラインと同じ系統である、ボリンジャーバンドを利用してみるのも一つの方法です。
トレンドラインは、水準の高値や安値がやってくるタイミングを予想するのに大変便利です。

上昇トレンドで一時的な下げ(押し目)が出た際や、下降で一時的な上げ(戻り)が出たときは、トレンドラインの延長線上の水準で下げ(上げ)も止まることが多いからです。

このRSI とMACD、ボリンジャーバンドを上手く利用することが重要です。24オプションというバイナリーオプション業者では、ボリンジャーバンドを含むテクニカルチャートを利用した攻略法などを公開しています。また、メタトレーダーのデモ口座も利用できるので初心者にも安心です。こういったことから、24Optionの開設をお勧めします。 


リンクナビ